転職する決意をくれたのは友人でした

大学を卒業し、一般企業に勤めて5年が経った頃です。
給料も悪くない、残業代もいただける、ボーナスもある、休日も並みにある、良い職場と言えば良い職場でした。
しかし私はこのままでいいのかと思い始めていました。
私が女性だからということもあるかもしれません。
どうしてもキャリアアップしづらい環境だったことだけが不満と言えば不満でした。
バリバリ働くという意味ではこの職場は不向きだったのです。
そして友人が社会人から一転して学生になると決めたと聞いた時に私も転職を決意しました。
そうと決めたらスピーディにことを進めよう、といろいろな転職サイトや職業あっせん所などを覗いてみました。
そして今までの経験を元に仕事が出来、かつ、キャリアアップ出来る職場を見つけました。
今でもそこに勤めているのですが。
上司や同僚に恵まれ、私自身もキャリアアップに成功し、二階級以上昇進し、大勢の部下を育成する立場にまでなりました。
あの時に友人が進学することを決めていなかったら、それを教えてくれなかったら今の私は無かったでしょう。